Interview
社員紹介
生産部門:古河事業所 開発研究室
開発を担当した製品が
どのように市場に広がって
いくのかがとても楽しみです。
土子 彩 2009年入社 水産学部 水産生物科学科

決め手は入社後の自分がイメージできたこと!

食品メーカーに興味があったものの、個々の会社に対しては明確な志望理由が無いまま就職活動を行っていました。そんな中、「ヤマザキビスケットに入社できたら、自分ができる精一杯の力を発揮したい」と思えたのは、面接で伝えたいことや聞きたいことを自分でも驚くほど素直に話せたことです。また、面接後のフォローなどを親身に対応していただけたことにも親しみを感じ、背伸びをせずに働ける自分がイメージできました。入社後は、各部署で責任のある仕事を任せてもらう機会も多くあり、失敗も捉え方一つで次に活かせる経験になることを学びました。個人の成長を後押ししてくれる機会が多く、社内教育を大切にしている会社だと感じています。

地道に繰り返す試作と製造ラインでの確認

クラッカーやビスケットの製品開発に携わっています。新製品の開発では、マーケティング部商品開発課からのコンセプトやプランに則って原料を配合し、手作業で試作品作り、製造ラインでのテストを繰り返して品質を高めていきます。また、これらの過程で、マーケティング部に試作品の品質を確認してもらい、一歩ずつ製品化に向けて進めていきます。限られた期間での作業となるため、目の前のことをやりながら次の一手を考え、試作や製造ラインの準備を整える「段取り力」、製造現場の方などの協力を得るための「周囲を巻き込む力」が求められます。私一人ではこなせないことも多いのですが、周囲の力を借りながら日々邁進しています。

担当製品の初出荷で得られる感動と達成感

製品開発の業務では、新しい製品が世に出る瞬間に立ち会えるのが醍醐味です。特に印象的だったのはルヴァンプライムスナックの開発で、一口目の食感を理想に近づけるために、少しずつ配合の調整をしながら何度も製造ラインでのテストを行いました。製造ラインでのテストでは、万全の準備をしていてもトラブルが発生することもあり、毎回緊張します。プレッシャーは大きいですが、その分、自分が担当した製品が初出荷された時の感動は大きく、何より協力していただいた製造現場の方など多くの方と一緒にやりきったという大きな達成感が得られます。今後は、ビスケット・クラッカーでの新しい製品設計の検討や他のカテゴリーの製品技術の吸収にも力を入れていこうと考えています。

Profile
土子 彩 開発研究室 2009年入社 水産学部 水産生物科学科
入社後約2年間、クラッカーの製造ラインにて包装オペレーターを担当。その後、食品安全衛生管理室を経て、現在は開発研究室にてクラッカーなどの製品開発に携わっています。土日はたっぷりと睡眠をとり、気になっていた映画を観たり本を読んだりしています。長期休暇には大学時代の仲間と遠方へ出掛け、アクティビティに挑戦して刺激を受けています。今年は北海道で「犬ぞり」を体験してきました。
学生へのメッセージ
岩手県から都内の企業へ就職活動をしていたので大変でした。人事担当の方からの返信の早さに感謝しています。
他者から自分のスペック評価をいただけるまたとない機会です。得意なことや不得意なこと、できることやできないことを徹底的に分析してみてください。また、上手くいかなかったときには、「何が良くなかったのか」を分析して次に活かしましょう。捉え方に幅を持たせることが大事です。私は就職活動を通して、相手に納得してもらえるように説明するには「順序立ててストーリーになっていないと伝わらない」ということを学びました。この経験は現在の仕事でもとても役立っています。

※所属は取材当時のものです。

PAGE TOP